記事一覧

6世代まとめ

戦績まとめたものを総括記事にして書き直した。


S1:途中からXYを買い、初めて、ネット対戦するポケモンに手を出した。3値の存在くらいしか知らなく、BWから対戦をしていた友達に色々教わる。レートは潜らず、動画などを見ていた。


S2:最高2258最終22xx
マニュガルゲンガーサンダー

初めてレートに潜り始めたシーズン。個体は友達にほとんど提供して貰っていた。この頃からポケモン対戦の肝をなんとなく理解し始めた。マニューラが刺さっていて、豪運もあり素晴らしい成績を残せた。ちなみにその友達は最高レート2000にも行かないくらいなので僕に嫉妬していた。


S3:最高2212最終21xx
マニュガルサンダー

本気で所謂マイナーメガで上位を目指していたシーズン。しかし、2150くらいから溶かしてしまい前期のPTを変えたのを使っていた。また2200に乗ることができたがその頃はまだ個人でも全体でも2200という数字に囚われていなかった気がするので、上位を目指して潜ったが、初戦からプレミして深夜までレートをずるずる溶かしてしまった。


S4:最高2201最終20xx
マニュガルサンダーゲンガーバレルドラン


S3とほぼ同じシーズン。マイナーメガを使い挫折して元のPTに戻して、2200に乗っても溶かした。


S5、S6:ほとんどレートには潜っていないシーズン。生放送や知り合いのレート対戦を見ていた感じ零度スイクンで零度打ち合う対戦が多かった。ポケモンモチベが下がる。


S7~S13:他ゲーにはまり、ポケモン一切ゼロ。


S14:最高2187最終21xx
ガルガブクレセドランガッサスイクン

ポケモン再開したシーズン。環境も分からなくただひたすらに潜って勉強していた。終盤は旅行に付き合うこととなり軽井沢の山奥でデザリングでレートに潜っていた。残念ながら2200には届かず、初めて2200にいけなかったので泣きそうになっていた。


S15:最高2210最終2201
ガルカイリュークレセドランガッサスイクン

やっと大体の環境を把握したシーズン。2100から2200まではカイリューが刺さっていて一敗しかしなかった。


S16:最高2201最終2201
ガルゲンクレセドランガッサボルト

序盤中盤驚くほど勝てたがそれを理由に怠けていたので最終日はあまり勝てなかったシーズン。それでもなんとか6回のチャレンジを経て2200には乗せることが出来た。何回かの2200チャレンジでは最後の最後に急所や怯みで負け萎えていたのでこのまま保存。


S17:最高2203最終2203
ガルカイリュークレセドランボルトゲッコウガ

今までで1番苦労したシーズン。僕のなかでは2100までは遊んでてもいけるという認識だったが、2100すら乗れず苦戦していた。しかし、前期の反省を生かして思考することをやめずにPTを見直し、終盤になって2100にのせ、最終日も朝5:00まで潜り続け何とか2200に乗せることができた。


全体としてXYよりもORASの方がレベルが高く、ポケ勢の上への意識も高かったと思う。メガガルーラを使ってしか2200に乗せてないので非常に不安。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント