記事一覧

S17使用構築 最終2203~ガルクレセドラン~

前期のガルーラ+クレセドランをベースに環境に合うように改良した。

無題

個別解説

ガルーラ@ガルーラナイト

意地っ張り
197(132)-192(236)-129(68)-×-121(4)-129(68)

猫騙し/秘密の力/不意打ち/炎のパンチ

今期は珠けたぐりゲッコウガが多く見られたため、Sを耐久に厚いガルーラをまとめて抜ける129までに押さえて残りをBに振った。



クレセリア@ゴツゴツメット

図太い
227(252)-×-189(252)-93-150-106(4)

サイコキネシス/どくどく/月の光/三日月の舞

所謂@1の枠を「三日月の舞」にしたクレセリア。後述のポケモンと相性が良く、電磁波ボルトロス+グロウパンチガルーラに対する切り返しにもなるので採用。元々は「スキルスワップ」にしていたが終盤に変更して一気に勝てるようになった。



ヒードラン@たべのこし

臆病
193(212)-×-127(4)-151(4)-131(36)-141(252)

マグマストーム/鬼火/挑発/守る

鬼火ゲンガー+スイクンorブラッキーの並びに出していけるように「挑発」を持たせたヒードラン。相手のヒードランに何も出来ないのは辛いがウルガモスの台頭で若干数を減らしていたのと、「大地の力」を持たせている時よりも多くの相手に出していけるので採用。相手のゲンガーがほとんど「身代わり滅び型」から「鬼火祟り目型」にシフトしていたので強かった。



ゲッコウガ@命の珠

臆病
147-×-87-155(252)-92(4)-191(252)

悪の波動/冷凍ビーム/草結び/波乗り

上記のポケモンが呼びやすいスイクンに強く、相手のタイプでの受け出しを許しにくいので採用。命の珠によりHPが削れやすいので前述のクレセリアと相性がいい。



カイリュー@拘り鉢巻

意地っ張り
175(68)-198(204)-116(4)-×-121(4)-129(228)

逆鱗/馬鹿力/神速/アイアンテール

ヒードランと合わせてウルガモスに強く、クレセリアだけでは不安なバシャーモの処理も担えることから採用。前述のメガガルーラと同速にして、耐久に厚いガルーラや「身代わり」を所持したクレセリアを上から叩けるようにしている。アイアンテールは呼ぶフェアリーへの打点。



ボルトロス(化身)@オボンの実

穏やか
184(236)-×-109(148)-146(4)-121(76)-137(44)

10万ボルト/気合玉/悪巧み/電磁波

主にボーマンダ軸のPTに出して崩しを行う。特殊の数値受け(ポリゴン2など)を突破してゲッコウガを通す動きが優秀だった。



まとめ
今期は中盤から苦戦したが最終日の朝まで潜り続け何とか2200までいけた。今までで一番自信のある構築が組めたと思っている。


TNしんきん 最終2203 34位 163勝102敗
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント