記事一覧

S5使用構築最終2107~ゲンガルミミ~

7804aa954a5bcae59bf942927b2b64fa.png

前期のサイクル構築のように相手に対して後手に回るのは弱いと感じたので相手を後手に回すようにしたいと思った。そこでガルーラ+ミミッキュが対面+崩しの性能が高く、ほとんどのPTに出せることからこれを軸とした。ガルーラ+ミミッキュ@1に採用されているのは一般的に「きあいのタスキ」を持たせたキノガッサだが、似たようなことができ刺さっていると感じたゲンガーを採用した。残りのポケモンもなるべく崩せる範囲が広がるように採用した。

kangaskhan-mega.gif
ガルーラ@ガルーラナイト
きもったま→おやこあい
いじっぱり
180-194(252)-120-x-121(4)-152(252)
すてみタックル/ほのおのパンチ/グロウパンチ/ふいうち

主に後発から繰り出して崩しを担当する。かなりボーマンダを後出しされたので「れいとうパンチ」を持たせたかったが、切れる技がなかった。HP180は「ゴツゴツメット」に対して弱いが、ダウンロード対策と、後投げしてきた物理受けカバルドンと1:1を取れる確率を上げるためにAに振り切りたかったため仕方なかった。実際のところ、HP180である弊害は物理受けエアームドと1:1になってしまうことくらいだった。


mimikyu.gif
ミミッキュ@ゴーストZ
いじっぱり
159(228)-156(252)-102(12)-x-126(4)-118(12)
シャドークロー/じゃれつく/かげうち/つるぎのまい
配分意図
S:4振りミミッキュ抜き

ミミッキュはとても性能が高く全てのPTに選出したいので、鋼タイプで止まらない「ゴーストZ」持ち。HA振りなのは全ての試合でA2段階上昇のZ技+「かげうち」を撃ちたいため。Aを削りたくなく、中途半端な配分になってしまったので改良できるかもしれない。


gengar.gif
ゲンガー@きあいのタスキ
うっかりや
135-86(4)-80-200(252)-85-162(252)
シャドーボール/ヘドロばくだん/こごえるかぜ/ふいうち

先発に出して数的有利を取りに行く。キノガッサよりも性能は落ちるが警戒のされなさ、レート差マッチでのeasywin性能が高いのでとても使い勝手がよかった。Cに補正をかけているのは、Sを落としてもデメリットが少なく火力を求める場面がかなり多かったため。具体的に挙げると、「こだわりスカーフ」を所持したカプ・テテフと霊獣ランドロスを落としきれる、キノガッサを「こごえるかぜ」+ミミッキュの「かげうち」で落とせる、バシャーモと1:1以上を取りやすいなど。このPTは非常にカプ・テテフが通っているのでほとんど先発にゲンガーと対面させることができた。「きあいのタスキ」を所持していることから基本的に2回技を受けるので、特性の「のろわれボディ」が有効的に働くことも多かった。


hippowdon-f.gif
カバルドン@ゴツゴツメット
わんぱく
215(252)-132-187(252)-x-92-68(4)
じしん/こおりのキバ/あくび/なまける

上記の3体では展開によっては半壊しかねないメガバシャーモ、メガボーマンダ、メガガルーラ、メガメタグロス、ミミッキュ、カプ・コケコへ後投げできる物理受けカバルドン。クレセリアやポリゴン2と違って火力の無い特殊技で簡単に崩されてしまうのであまり信用していなかったが、上記の3体は交代読みをさせることが少なく、安全に繰り出して削りを行えるので優秀だった。ただ、相手視点で「ステルスロック」を撒く起点づくりカバルドンに見えるらしく、ゲンガーと対面させたくない「やどりぎのたね」を入れに来たテッカグヤやナットレイを先発に呼び寄せることがあったのはアンチシナジーだと感じた。


thundurus-therian.gif
ボルトロス(霊獣)@ラムのみ
ひかえめ
185(244)-x-101(84)-187(36)-102(12)-138(132)
10まんボルト/めざめるパワー(氷)/きあいだま/わるだくみ
配分意図
H-B:A233フレアドライブ確定耐え
S:134を意識した調整を抜けるあたり

ガルーラ+ミミッキュでは崩せないサイクルを崩すために採用。元々は「オボンのみ」を持たせていたが、終盤にモロバレルとカバルドン+リザードンYをよく見るようになったので「ラムのみ」を持たせた。「あくび」で起点を作る展開構築に強くなったり、「どくどく」を入れて削ってくるようなサイクル構築に対しても強くなり、非常に有用なアイテムだった。


tapufini.gif
カプ・レヒレ@ミズZ
ひかえめ
175(236)-x-135-150(172)-150-118(100)
ハイドロポンプ/ムーンフォース/めざめるパワー(炎)/ちょうはつ
配分意図
S:4振りミミッキュ抜き

ここまでで重いパルシェン、カバルドンに対しての駒。あまり選出しなかったが、PTの厳しいところをみれ、崩しもこなせるポケモンは他に思いつかなかった。


まとめ
割と満足のいく構築ができたが、多かったメガリザードンYとウツロイド入りが厳しく、レートが伸びなかった。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント